東日本大震災 復興支援

ちょっと自己紹介をかねて、私と東日本大震災への思いを書きたいと思います。

私は2011年の1月まで、民間の保育園で給食を作っていました。
その会社に雇ってもらったのはそれよりも2年前に遡ります。
当時は派遣切りなどで失業者が社会にあふれ出し
なかなか仕事が見つからない状況でした。
そんな中で雇ってもらったとても恩のある会社なので
定年まで勤めるつもりで働いていました。
しかし、いろいろな理由から体調が悪化し歩くだけでも痛みを伴う状況になりました。
専門職として入社したので給食以外の仕事はなく退職せざるをえなくなりました。
突然の退職で職場にはとても迷惑をかけました。
今も申し訳ない気持ちでいっぱいです。

その時点で私の年齢で別の仕事で就職するのはとても困難な状況でした。
職安でも「年齢的に新たに資格をとっても働く場所はない」と言われ
その数ヶ月前に知ったアフィリエイトとゆう仕事で生計を立てていこうと決心しました。

母子家庭なので在宅ワークが念願でしたが
離婚した当時(平成13年)、在宅ワークで生計を立てられるような仕事もなかったので
外で働くとゆう選択をしていましたが
アフィリエイトを知った事は天の助けだと思いました。

その直後に起こった東日本大震災と福島原発の大惨事。
未曾有の危機と言われるだけあって東京都内もパニックになりました。
自宅でインターネットやテレビで情報を収集していると
日本はこのままなくなってしまうんじゃないかと不安になりました。

炊きだしなどで支援をしている方々の事を知っては
私も体調がこんなじゃなければ行って支援したい。
それが出来ない自分をさらに不甲斐なく思ったりもしていました。

その頃から
「自分にできる事をしていこう」とゆう意識が芽生え
アフィリエイトで稼いだら復興支援に役立てたいと考えました。


福島県の風評被害が酷いとゆう事を知ったのは
震災から数ヶ月後の事でした。

原発事故直後も福島県の方がいわれなき差別や暴言を吐かれたりしている事を
ツイッターなどで知っていましたが
震災被害や放射性物質汚染があまりない会津地方が
風評被害によって観光客が激減していると
テレビのニュース番組で放送されていて知りました。


さらに長くなるので次回にします。
長文を最後までお読みいただきましてありがとうございます。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。